電話応対コンクールへの取り組みをご紹介しております。

SBIビジネスサポートは「電話応対コンクール東京都大会」優勝および優良賞受賞しました
「電話応対コンクール」の練習風景
「電話応対コンクール」の練習風景
SBIビジネスサポートでは応対品質向上活動の一環として「電話応対コンクール」に参加しています。
本審査基準はお客様応対時の重要ポイントとして理解しています。
日頃の応対品質を見直し、更なる成長の機会として取り組んでいます。

<電話応対コンクールの審査基準>
① 第一印象
② 発声や話すスピード・敬語などの基本応対スキル
③ 傾聴力や共感力などのコミュニケーションスキル
④ 情報・サービス提供力
⑤ 最後の印象
⑥ 顧客満足度評価

電話応対コンクール(公益財団法人 日本電信電話ユーザ協会)のHPはこちら
http://www.jtua.or.jp/education/concours/
今までにいただいた賞状の一部 今までにいただいたトロフィー・盾の一部
都道府県大会 東京都大会 優勝 1名 ・優良賞 1名
地区大会 池袋地区大会 優良賞 1名
上野地区大会 優良賞 1名
東京南地区大会 優勝 1名
テープ審査 優秀賞 2名

今回もチーム全員の努力により、上記のような結果を達成することが出来ました。
「時には厳しい意見を言い合いながらも、切磋琢磨できた結果である」と、多方面の方々に感謝申し上げます。スタッフ一同、心新たに、この活動で培ったチームワークを日頃の業務に活かして参ります。
今年も電話応対コンクールに参加させていただきました。本番の数ヶ月前から行うスクリプト作成や発声練習は大変ですが、とてもやりがいがありました!コンクールに参加することで電話の受け答えの大切さを学ぶことができます。また今回、自分自身の中で最高の賞を頂くことができ、継続することの大切さを身をもって感じました。これからも業務に生かしていきたいと思います。

今年の出場で5回目の挑戦になります。毎年参加するごとに学ぶことは異なり、得るものがひとつずつ増えていくことを実感し、本当に充実した日々を過ごすことができました。出場者で練習する時間や研修を受講する姿勢はもちろん、お客様との会話のときに、お客様がどんな気持ちで電話をかけてきたかを考えながら電話をすることの大切さを学びました。

電話応対において感情表現をするには、基礎の発声・発音がいかに大切か、またスクリプト作成や練習を通してお客様へ配慮ある伝え方・聞き方を考え学ぶことができました。更に同じ目標を持つメンバーと密にコミュニケーションをとることで、以前より積極的になれたのも大きな成果です。入社間もないにも関わらず挑戦の機会を頂いた事に大変感謝しています。取り組みの成果をセンター全体へ伝えていくのが新たな目標です。
コンクールに参加することでお客様との接し方を見直すよい機会になりました。どうすればより正確にわかりやすく案内できるのか、仲間とともに考えるのはとても楽しい日々でした。普段の業務にはない自分の視野を広げる経験ができたと思います。練習のできる環境の用意や、コンクール出場者でないオペレーターさんの応援・支えも本当にうれしかったです。ありがとうございました!
新たなチャレンジに向けて 電話応対コンクール等の応対品質向上活動を継続することで、これからも1人ひとりのお客様と真摯に向きあい、シンプルに「良かった」と思っていただけるサービスを目指して参ります。
今後は「全国大会優勝」という目標を掲げ、これまで以上に努力を重ねて参る所存です。